看護部の紹介

部署紹介

入退院調整部門

入退院調整部門とは、患者さんの入院調整・退院調整を行う部署です。
入院調整としては、「救急車を断らない」という病院の理念のもとに、空きベッドの調整や入院のベッドコントロールを行います。
また、退院調整としては、高齢者が心配なく自宅に戻れるように病棟スタッフや地域の医療スタッフと共に、在宅に帰れるお手伝いや自宅に帰れない患者さんの転院調整なども行います。
患者家族の意向を尊重しながら、入退院の調整を行っています。

入退院(1) 入退院(2)

ER総合診療センター

ER総合診療センターでは、「断らない医療」をモットーに、全ての救急患者さんを受け入れ、高度で安全な医療の提供を心掛けています。
救急看護師は、救急搬送患者やwalk-in患者の突発的な病気やケガなどで苦しむ患者さんの救急処置を適切に行います。
緊急度の高い重症患者さんを看護する機会が多く、内科や外科、外傷といった症例やさまざまな診療科の対応も多いので、仕事を通して救急看護のスキルアップが期待できます。
部署内教育にも力を入れており既卒看護師にもサポートしながら指導・育成を行っています。救急看護の経験のない方でも共に学び成長することを教育目標にしています。
そして、緊急の場面でも患者様に寄り添う看護を実践していきたいと日々努力しています。

ER

検査治療室

検査治療室は、内視鏡検査室(胃カメラや大腸カメラなど)・生理検査室・画像診断検査室(CTやMRIなど)・核医学検査室(負荷心筋シンチグラフィーや骨シンチ、脳血流シンチグラフィーなど)・外来化学療法室から成り立っています。
中でも、核医学検査は新築移転に伴い新たにスタートした部門です。
また、内視鏡検査室では、検査前の時間を快適に過ごしていただく為にテレビ付のリクライニングシートを導入しました。
患者さんが、外来や入院中の検査を安心して受けられるように支援していきます。

検査治療室(1) 検査治療室(2)

ICU

ICUは、最新の設備の中で12床のベッドを持ち、断らない救急を支えるために、院外から搬送されてくる重症患者さんや心臓・大血管・開頭など侵襲の大きな手術後の患者さんなどを受け入れているため、 ケアカンファレンスで意見交換、情報を共有し、看護ケアを向上させる努力を行っています。 また術後患者の早期離床とQOLの向上のため、医師、薬剤師、臨床工学技士、リハビリスタッフ等、様々な部門との連携を図り、集中的に看護を提供できるよう取り組んでいます。 そして、危機的状況にある患者及びご家族に対しても寄り添い、身体的・精神的ケアに努め、ご家族の思いを受け止めるよう心がけています。

ICU ICU

手術室

手術室は11部屋あり、低侵襲手術(脳血管カテーテル治療)室は、世界初のMRIと移動式CTを兼ね添えた高度な医療を提供できるハイブリッド手術室となっています。
私たち手術室看護師は、術前・術中・術後という周術期のなかで、病棟看護師と連携を取りながら継続した看護の展開を行っています。 多くの患者さんにとって、手術は初めての経験であり、その不安は図り知れません。術前訪問によって患者さんの不安軽減に努め、手術中は患者さんの代弁者となり、 安全・安楽に手術が受けられるよう麻酔科医、外科医、診療支援部スタッフとチームを組んで臨んでいます。

手術室 手術室

[3A]腎臓内科・総合内科・皮膚科

主に腎臓内科、皮膚科と総合内科の疾患を患う患者さんの入院加療を担っています。
透析治療においては、維持透析患者さんのみならず、他施設からの入院患者さんや、シャント閉塞などにより緊急一時的な透析を必要とする患者さんの治療も行っています。 そして、チーム医療の推進により、多職種協働し慢性疾患を有する患者さんの退院支援を行っています。
新人看護師からは、「明るく楽しい職場が大好きです。日々、業務スケジュールの時間に追われ大変ですが、先輩看護師が親身にアドバイス・サポートしてくれるので安心して看護実践できます。」との声がきかれます。

[3A] [3A]

[3B]心臓血管センター

心臓血管センターに属し、主に心臓血管外科の患者さんが入院しています。
心臓の手術を受ける患者さんの不安を取り除くとともに、術後は少しでも早くもとの生活に戻れるよう医師・薬剤師・リハビリ部門・栄養士などとの連携を密にし、早期回復・早期離床を目指した看護を実践しています。 また患者さんの退院後の生活を見据え、多職種で退院支援カンファレンスを行い、患者さんと家族が安心して退院を迎えられるようサポートしています。
「この病院に入院してよかった」という患者さんの笑顔を源に、コミュニケーションを大切にし、安心・安全な看護を実践していきたいと思っています。

[3B] [3B]

[3C]心臓血管センター / CCU

心臓血管センターに属し、循環器内科病棟とCCU(ハイケアユニット)10床で構成されています。 循環器内科病棟は、心臓カテーテル検査、虚血性心疾患、心不全などの患者さんを受け入れています。また、CCUでは、虚血性心疾患の超急性期、開心術後患者、心不全などの循環管理等を中心とした4対1の看護を行っています。
循環器疾患看護に興味がある若いスタッフが多いですが、ベテラン看護師、子育て中の看護師も活躍しています。心臓血管外科病棟である3B病棟と協力して勉強会、カンファレンスも積極的に行い、チームでスキルアップを図っています。

[3C] [3C]

[3D]血液浄化療法室

全科入院加療中の透析患者さんの透析を2クールで行っています。安全に安心して、安楽に加療ができるよう看護介入しています。
多職種スタッフ全員が専門知識・技術を持ち、お互いに刺激し合いながら共に成長できる環境です。

[3D] [3D]

[4A]総合内科

主に総合内科疾患の患者さんの入院加療を行っています。
総合内科とは、慢性疾患の病気を持ち入退院を繰り返しつつ、生活する患者さんが主な対象です。入院中の治療に伴う苦痛を軽減し、安全・安楽・安心を援助し、病気の早期回復と合併症を予防し、日常生活機能の維持と日常生活の再構築に向けた支援を行っています。 また、退院後も日常生活が送れるよう、患者・家族のセルフケア能力を高められるような支援を目標として取り組んでいます。

[4A] [4A]

[4B]低侵襲脳神経センター

主に、脳外科疾患の患者さんの入院加療を行っています。
特に、低侵襲脳神経センターとして、脳カテーテルの診断や治療を受ける患者さんが入院しており、患者さんの様々な病態にあわせ、治療・看護・リハビリを専門的に行っています。
血圧、脈拍、呼吸など24時間の監視モニターに加え、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学士など多職種の専門的知識と協働によって、患者さんの治療をサポートしていきます。

[4B] [4B]

[4C]低侵襲脳神経センター / HCU

主に、脳外科疾患の患者さんの入院加療を行っています。
特に、低侵襲脳神経センターとして、脳カテーテルの診断や治療を受ける患者さんが入院しており、患者さんの様々な病態にあわせ、治療・看護・リハビリを専門的に行っています。 また、HCUでは、脳外科患者さんの術後管理や緊急性ある状態の治療と観察を行っています。
血圧、脈拍、呼吸など24時間の監視モニターに加え、医師、看護師、薬剤師、理学療法士、臨床工学士など多職種の専門的知識と協働によって、患者さんの治療をサポートしていきます。

[4C] [4C]

[4D]緩和ケア

全室個室、20床の病棟です。
緩和ケアとは、がん等の生命を脅かす病気に直面する患者さんとそのご家族に対して、身体的・精神的・社会的・スピリチュアルな苦痛の緩和を行う医療です。 看護師・看護補助者・医師・薬剤師・栄養士・PT・OT・ST・臨床心理士・音楽療法士・MSWなどの多職種で患者さんのQOL(生活の質・生命の質)の向上を目標とし、チーム医療で力を合わせ、ケアを行っています。

[4D] [4D]

[5A]小児科・泌尿器科・眼科・消化器内科

食道・胃・肝・胆道系・腸疾患を中心に緊急を要する内視鏡的治療を受ける患者さんや、泌尿器科の手術を受ける患者さん、ターミナルの患者さんの看護を行っています。
高齢患者さんが多い中、検査・手術・化学療法・患者教育などが確実に受けられるよう個別性に合わせた看護が求められています。 そのため、患者さんの立場を理解し、患者さん・家族が主体となり治療を進められるよう看護師としての役割を果たすため、カンファレンスなど行い患者理解・情報共有・最良の看護について考えられるようにしています。

[5A] [5A]

[5B]一般消化器外科・乳腺内分泌外科・形成外科

外科的手術(胃がん・大腸がん・胆嚢摘出術・鼠径ヘルニア整復術・乳がん切除術・甲状腺手術)を受ける患者さんやターミナルケアの患者さんの看護を行っています。 周術期の看護や患者さん家族の思いを確認しながら、定期的に医師・看護師カンファレンスを実施し、個別性のある看護を実践しています。
また、ストーマ造設や乳房切除術後の生活指導やボディイメージの変化に対する援助、精神面への援助などを皮膚排泄ケア認定看護師・乳がん看護認定看護師と情報共有し援助を進めています。 手術件数も多く忙しい業務の中、病棟一丸となってPNSの充実と業務改善に取り組んでいます。

[5B] [5B]

[5C]整形外科・耳鼻咽喉科

頚椎、腰椎など脊椎・脊髄疾患と股関節・膝関節疾患の患者さんを中心に入院診療を行なっています。 高齢化が進む中、地域に根差し、退院後の生活を見据えた看護ケアを提供しております。急性期から回復期、在宅や施設への退院支援まで多職種協働して一貫して関わる事ができるのが、当病棟の看護の醍醐味です。

男性看護師からは、「緊急入院・手術が多いですが、スタッフの関係が良く笑顔の絶えないアットホームな雰囲気で頑張っています。臨床の場で共に学べる最高の環境です。」との声も聞かれます。

[5C] [5C]

[5D]回復期リハビリテーション

脳血管疾患または大腿骨頸部骨折などにより、身体機能の低下した方や、日常生活を送ることが困難になった患者さんを対象に、 日常生活能力の向上や寝たきり防止と社会復帰または家庭復帰を目的として、定められた期間内に集中的かつ効果的にリハビリテーションを受けることができる病棟です。
より自立した日常生活が送れるように医師、看護師、リハビリスタッフ、MSWなどが連携をとりながら支援し、退院後の在宅生活の自立を目指します。
当病棟では、患者さんの疾病を考慮して全身観察を行い、二次合併症の早期発見や予防に努めること、そして、日常生活全般のお手伝いを行いながら、 安心してリハビリを進められるよう援助し、リハビリで獲得した「できる能力」を日常生活に取り入れ「している能力」となるように援助します。 また、看護補助者も同様に生活の基本(食べる・着替える・排泄・入浴・整容など)となる場面でのお手伝いをします。
家族を含め精神面での変化にも気を配りながら、患者が家族から適切な支援が受けられるように、家族に対しても援助しています。

[5D] [5D]